×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

下取り金額が買い取りする専門店

あなたが下取りする車があったとしても打ち合わせをする時にはそのことを言わない方が良いのです。おおよその担当しているセールスマンが下取り価格等を購入する時の金額をうまくあやつって利益を出しているのです。

 

これは数字のトリックを使うのと同じようにこっちの部分はと交差しておいてこっちの部分は損を指すとくそして自分の方に利益があるように誘導していくというふうにセールスマンはうまくやっているのです。

 

ですから、この段階では、自分の中に武器を持っていることを隠しておいた方が良いでしょう。セールスマンから下取りする車はありませんかと聞かれても、下取りする車はないと答えておきましょう。そして、値引きやサービスを含めて、最終的な金額が分かった時点で、車を下取りしたが幾らぐらいになりますかと尋ねてみましょう。

 

そうすることによって下取り価格だけだから、明確な金額を教えてくれます。そして、この下取り金額のために、他の販売店に話を持って行かれるのを防ぐために思い切った数字で出してくることが多いのです。

 

もしこの下取り金額が買い取りする専門店などと同じくらいの数字であれば、下取りに入れないほうが良いでしょう。下取りの場合であれば、下取り費用として、販売店に30000円くらい取られることがありますし。その販売店で下取りしてもらう必要もないのです。

なぜディーラーは高い金利で契約させようとしているのでしょうか。

高額の金利でローンを組むと、ディーラーはクレジット会社からマージンをもらえる仕組みになっているのです。もちろんこれはクレジットのお金と支払いの年数によって、マージンの金額も違ってきます。元の金が高額であればなおかつ支払いの年数が長い方が金利が沢山膨れ上がって、バックマージンも沢山増えるというわけです。

 

従って、ディーラーのセールスマンというのは、できるだけ高い金利の商品をお客さんに見せてくるのです。

 

つまり、お客さんがクレジット組んでくれるたびに、販売価格の他にプラスアルファとして利益が発生してくるのです。
中には車自体の価格を下げる代わりに高い金利を使っているところもあるくらいです。
参考:個性派のこだわり愛売却ブログ

 

便利と実質年利の違いをしっかりと確認していきましょう。

 

論の契約というのは、なんといってもセールスマンの言いなりにならないことが大切なのです。購入する前に銀行だったり、そういったところでやっている、マイカーローンの金利も調べておいて、どこのディーラーで扱う金利が一番いいのかというのを聞いてみましょう。

 

良心的なディーラーであれば金利も安いはずです。年担開花開催されている中古車フェアは、信販会社が協賛している場合が多く、参加する信販会社の希望で高額の金利設定で統一されている場合が多いです。

 

ここのクルマのサイトも合わせて読みたい。
サニディーなクルマは、車査定のことも書いているサイトです。非常に良いことを書いていますよ。

 

中古車フェアなどのお祭り騒ぎの時と同じように金利を比較してみるといろいろと勉強になります。

愛車の気になってたところをいじってみた

愛車ビアンカの気になってたトコロをチョッといじってみた。
まずはシート。
革シートって、年数が経ってくるとヒビが入ってくるじゃないですか。

 

特に運転席のサイドサポート部が…これを修復…とまではいかないけど、誤魔化さないとみすぼらしいでしょ?で、私が誤魔化す為に使ってるのが、靴用品メーカー、コロンブスの「カラーリペア」って物。

 

これは、靴の擦り傷とかを補修する為に出されてるブツでして、クルマのシートにも使えるだろうと405の時から使ってます。
ヒビが入って白くなったのが誤魔化せます(笑)もっと深い傷には「アドカラー」ってのもあるんですよね、パテ埋めしちゃうような。
で、もうひとつ。

 

サイドターンマーカーが社外品でして個人的に、この手のクリアな物って好きじゃないんで、純正に戻したいなと。

 

先日、トランクを見たら横のポケットの中にあるじゃないの!純正のサイドターンマーカー!ということで、こいつも交換しちゃえ〜!外すのは簡単で、前にチョッとずらすだけで外れちゃいます。
で、純正に交換♪なんとなく、落ち着いた感じになったかしら?(笑)。