×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

最初の点検箇所

ある場合の最初の点検箇所としては、ラジエーターのパッキンを確認見ることが大切です。

 

そのためにエンジンを冷却されせるということもあり、循環しているクーラントがエンジン内部に漏れ出して燃焼していることから起こってきますこの状態が長く続いていると、エンジンは冷却されずに降板ヒート起こししまうので注意をしましょう。
連続走行した後は、亜鉛のリング中に、オイルの焼けたようなにおいがするということがあります。これはオイル漏れが一番可能性が高いということで、ヘッドカバーのパッキンを確認してみましょう。

 

これについては、エンジンの一番上の蓋と胴体部と同じ部分にある部品で、ゴム製のために耐久性が弱いということもあります。従って、車検取る時に交換する場合が多いのです。